2016年6月30日木曜日

どっちが強いか?

”彼は言った、世界は必ずしも皆平等とは限らない。
 彼は言ったこの世の中には絶対勝者と敗者が存在するぅ”

という、最近流行った歌のワンフレーズでございます。

珍しく、流行ネタをぶっ込みました笑

さて、この歌詞から分かるように、資本主義社会では・・・


勝者と敗者が存在しています!


で、誰しも思いますよね、勝者になりたい。って。

そりゃ勝者にならずに、敗者だったらつらい思いをするかもしれませんし、
勝者になるといろんな良い思いが出来るでしょう。

それに、勝者にならないと、敗者を助けてあげたり、
敗者を勝者にする余裕はありませんよね。

と考えていくと、勝者になることのメリットが大きいですよね。

っていうか、勝者、敗者ってそもそも・・・



勝者、敗者って言いますが、そもそもそれは何なんだ!

っていう所ですよね。


では、一つ、例を挙げて説明してみようと思います。

テレビ局と視聴者、どっちが強いと思いますか?

・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・

視聴者でしょうか。
テレビが誤った報道をすれば、テレビ局はバッシングを受けますよね。
それに、テレビは視聴者が居ないと、広告費や視聴料が入って来ないので、倒産してしまいますよね。

では、反対にテレビ局でしょうか。
テレビは国民という視聴者にとても大きな影響を与えるメディアであります。


この時代の勝者は・・・・



今は、産業時代から情報化の時代へとシフトしましたね。

そんな中、テレビ局と視聴者で勝者になるのは・・・

テレビ局ですよね。


この時代に「情報」を発信している訳ですから。

いやいや、と思う気持ちもあると思いますが、
「情報」の価値を見ていくと分かります。

情報の価値



情報の価値を見るために、情報の役割を確認してみましょうか。

まず、あなたが何に情報を使っているか、思い出してみてください。

・・・・・
・・・・・
・・・・・

ちょっと考えてみると、大きな決断から小さな判断まで、
情報が無いと出来ないですよね。

大学を選ぶにも、情報は欠かせないものだと思います。


情報の価値は分かりましたよね、めっちゃ重要なものです。


テレビ局、強くない?


と、考えると、情報を発信する側、すなわちテレビ局の方が強いような気がしませんか?

情報を隠すことや、表現によって盛り立てることも出来る訳ですよ。


見えた!現代の勝者!



さて、情報時代の勝者は誰でしょうか?

発信者ですよね。

発信するための情報も多く持っているわけですから。

では、あなたは今後、どうして発信者になるか、考えてみてはいかがでしょう?

SNS、ブログ、コメントなんでもあるでしょう。

やりましょう。発信!

まずは何でも良いんで、自分の出来ることから。


言い忘れよった、大事なやつ



情報の時代で発信も重要やけど、覚えといて欲しいのが、

どっちが強いか。

ということ。


人間、社会で生きてれば、相手が居て、それぞれの立場がある訳よね。

で、自分がどっちかに居たら、たまに、
どっちのが強いか、考えてみて欲しい。

そうせんと、気づかんうちに、弱い方に放り込まれてしまいかねないから。

忘れんといてや!

0 件のコメント:

コメントを投稿