2016年2月3日水曜日

人の機嫌を取るよりも・・・

あなたは、仕事の交渉などの現場で、
相手の機嫌を取っていませんか?

もちろん、相手の機嫌を取って、
快適指数を上げていけば成約できる可能性が上がるでしょう。

しかし、もっと重要なことがあるんです。

「あなたの機嫌」

相手の機嫌はとれても、自分の機嫌をコントロール出来ない人はどう思いますか?

相手を上機嫌にできても、あなた自身がいつも不機嫌なのは少し問題です。


上機嫌のほうが、モチベーションも上がるし、ストレスも感じにくいと思います。

では、自分の機嫌をコントロールする方法をお伝えします。


「ついてる」

これを言うだけです。

例えば、頭に鳥のフンが落ちてきた・・・・
もう、最悪と言ってしまうでしょう。

でも、そこで
「あ~、隕石じゃなくてよかった~。ついてる、ついてる、ついてる」

ね。
悪いことが起きた時、自分の機嫌を損ねる人がほとんどです。

でも、その悪いことに影響されずに、常に上機嫌を保ち続ける。

これは、主体的に生きている証拠なんです。

ちょっと、難しいかもしれないですね。
7つの習慣という書籍を読んでもらうと分かりやすいと思います。


温かいご飯を食べれて、ついてる。
インターネットみたいな便利なものがあって、ツイてる。
日本に生まれて、ツイてる。


これだけで、精神の安定はとても上がります。

ぜひ、今スグ始めてくださいね^^

最後まで、お読み頂き、ありがとうございました。 次回もお楽しみに!!

0 件のコメント:

コメントを投稿