2015年6月24日水曜日

自由によって人間は成長できる

今現在の日本の教育システムでは、段階ごとに自由度が上がっていきます。

小学校は、校則や無知というもので、自由度が下がります。
特に校則は、帰宅時刻の指定や行動範囲の規制など厳しいものでしょう。

中学になると、携帯を持つ子が半分くらいです。
行動範囲も少し広がり、ちょっと夜遅く出歩いたりもできます。(深夜はいけませんが)

高校生になると、大半が携帯を持ちます。
外泊もするでしょう、バイクも乗れますし、各種資格も取得できます。

大学になると、車を買います。家元を離れる人もいます。カードも持って経済的に自由になるでしょう。


これは私の経験したことなので、一部共感できないかもしれません。
すみませんm(_ _)m


でも、こう考えてみると、段階的に自由度が増してますよね。

そして徐々に大人になっていく・・・

こういった成長段階に、自由度は大きく関わっていると思うんですね。

僕は小学校から自由にインターネットを使ってましたから、他の高校生よりはパソコンが使えると思います。

自由にさせて、様々な経験を積むことで、成長できるはずです。

こう考えると、子供が何かしていたら、黙って見守るのがいいのではないでしょうか?

工作とかなら、怪我さえしなければ、創造性がグンと伸びるでしょう。

パソコンを使えば、応用力や発想性、コミュニケーション能力が向上するのではないでしょうか?

なんでも叱って、経験を奪うより、部屋が散らかろうと、汚れようと、経験させる方が大切です。

散らかれば、片付けを教えられます。
汚れれば、掃除を教えられます。

これも、経験の一環です。

もし、身近に子供さんがいらっしゃれば、自由度を上げてやることをおすすめします。

危険なことは、辞めてくださいね!!!



★編集後書☆

小さい頃は、とても自由でした。

自転車でいろんな所を巡って、草だらけの河原を開拓したりしました笑

今思えば、とても危険ですよね。

でも、いろんな経験を積むことができましたね。

これも田舎の良さでしょう。

あなたの公式メルマガ登録を、お待ちしております。
稼げるビシネスの基礎・マインドを嫌でも身につけるメルマガ

Facebookで繋がりましょう!
あなたからの友達申請、待ってます!

0 件のコメント:

コメントを投稿