2014年8月19日火曜日

アルバムは必要ない!

皆さんは小さい頃の記憶をとどめておくために、「アルバム」に写真や電車の切符とかをはさんでいませんか?
うちは、父がプロ仕様のカメラを持っていましたので、写真の量がハンパないです。
いつも母が「写真を2年分整理せな」とか言っていましたので、パソコンで管理するように提案すると、地震とかエラーで消えたら一発やろ?アルバムやったらなんぼか残るでしょ。
と言われふ~ん、とだけ思っていました。
しかし、よくよく考えてみると、紙に印刷した写真は目には見えにくいですが、日々劣化しています。
画質が落ちます。
しかし、パソコンのハードディスクですと、そんなことは起こりません。
第一、パソコンは精密機械とはいいますが、ハードディスクを分解して、水につけてもCPUを水につけても、問題なく作動する可能性が高いです。
それに、「バックアップ」という機能を使えばいくらでも無料で複製できます。
地震や雷で壊れる、と言われるかもしれませんが、クラウドに預けておけばいいのです。
インターネット上に記録しておきます。
IDとパスワードさえ覚えておけば平気です。
そうすれば、パソコンが壊れても、新しいものさえ用意すれば完璧に復元されます。
私は、小学校の頃のポスターとか絵画をカメラで撮って、ファイルとして保存しているくらいです。

時代は常に進化し続けるので、それをいかに応用できるかが、鍵でしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿